トップ > 健康・福祉・医療 > 健康づくり

健康づくり

成人のための健康診断

健診(検診)名 対象者

健診(検診)内容

基本健診 30歳以上 問診、診察、尿検査、身体計測、血圧測定、血液検査、心電図検査、眼底検査
肺がん検診 30歳以上 胸部X線検査
胃がん検診 30歳以上 バリウム検査
大腸がん検診 30歳以上 事前採取の便を検査
前立腺がん検診 50歳以上の男性 血液検査
子宮がん検診 20歳以上の女性(2年に1度の助成) 子宮頸部の細胞粘膜を検査
乳がん検診 40歳以上の女性(2年に1度の助成) マンモグラフィー検査
エキノコックス検査 過去5年の未受診者 血液検査
肝炎検査 40歳以上の未受診者 血液検査
ピロリ菌検査 初めての方 事前採取の便を検査
骨粗鬆症検診 40・45・50・55・60・65・70歳の女性 骨密度を測定

受診可能な時期や医療機関・検診料金については、4月に配布する「喜茂別町健康カレンダー」をご確認ください。

風しん追加的対策について

これまで公的に接種を受ける機会がなかった世代で、特に抗体保有率がほかの年代と比べて低く感染リスクが高いとされている方を対象に、抗体検査を実施しています。

抗体価が低く予防接種の対象となった方は、実施期間内は公費で予防接種を受けることができます。

 

対象者:昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

事業実施期間:令和4年(2022年)3月31日まで

 

対象者の方には、クーポン券を発行しています。

喜茂別町から転出される場合は、お送りしてあるクーポン券は使えなくなりますので、転入先の市町村で新しくクーポン券を発行してもらってください。

新たに喜茂別町に転入された方は、元気応援課 健康づくり係へお申し出ください。

<なぜ風しん追加的対策を実施するの?>

A 風しんは、感染者の飛まつなどにより、他人にうつる感染力の強い感染症です。妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(耳や目・心臓に障害が出る)になる可能性が非常に高く、重篤な合併症を与えてしまいます。

大人になって感染すると無症状や軽症であることが多いといわれますが、無症状でも他人にうつすことがあるため、感染拡大を防止するために、社会全体で免疫を持つことが重要になっています。

 

受動喫煙防止対策をすすめましょう

北海道では、令和2年3月に「北海道受動喫煙防止条例」が制定され、受動喫煙防止対策を推進しています。

様々な対象の方向けの受動喫煙防止対策に関する情報について、北海道のホームページ(ポータルサイトやツイッター)で見ることができます。

 

【北海道受動喫煙防止ポータルサイト】

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/jk/top.htm

【ほっかいどう健康づくりツイッター】

http://twitter.com/Hokkaido_health

 

健康相談

 心身の悩みや相談を随時受け付けております。

 

健康出張講話

 「町民の健康の実態から、一人ひとりの健康づくりを考えよう!」をスローガンに、町内各団体/機関等に出向き、講話や座談会を行います。ご希望に応じて受け付けます。

 

健康改善プロジェクト

 生活習慣改善に関する具体的方法論の学習や体験を行える機会を提供します。

お問い合わせ先

喜茂別町役場元気応援課健康づくり係
〒044-0201 北海道虻田郡喜茂別町字喜茂別13 健康増進センター (スマイルセンター 町立クリニック2階)
TEL:0136-55-5831 FAX 0136-33-3000

更新情報

ページの先頭へ