トップ > くらし > 相談窓口 > 法律相談 > 法律相談その5:残業代がもらえない?

法律相談その5:残業代がもらえない?

Q.私の勤めている会社の勤務時間は午後5時までですが、仕事量が多く毎日午後6時過ぎまで働かないと終わらせることができません。それは仕方がないと思うのですが、残業代がほしいと言うと、上司は「うちは午後5時までの分しか払わないことになっている。午後5時までに終わらせない君が悪い。」と言って、支払ってくれません。会社にこのような慣行があった場合、残業代は一切もらえないのでしょうか?

A.答えは、「No」です。
 いろんな理由があると思いますが、皆さんが今いる会社に就職した一番の理由は給料をもらうためだと思います。そして、皆さんは就職するときに、働いた対価として給料をもらうという契約をしているはずです(書面として作成していなくても口約束で契約しているはずです)。とすると、実際に働いているにもかかわらずその対価が支払われないというのは、いってみれば契約違反なのです。
 したがって、たとえ慣行として残業代を支払っていなかったとしても、働いた残業分については請求できるのです。もっとも、請求したことによって会社に居づらくなるという不利益も十分考えられますので、実際に請求するのはよく考えてからの方がいいでしょう。
 なお、残業代は会社を退職した後も請求できます。ただ、賃金などの請求権は発生してから2年で消滅してしまいますので、請求するのであれば早めにした方がいいでしょう。

平成20年6月18日
佐々木 将 司

日時: 2008年6月25日 10時32分

お問い合わせ先

更新情報

ページの先頭へ