トップ > くらし > 相談窓口 > 法律相談 > 法律相談その30:自動車保険(任意保険)に加入していますか?

法律相談その30:自動車保険(任意保険)に加入していますか?

  今年は降雪量が多かったことも影響したのか交通事故のご相談が増えています。
 ご相談をお受けしていて気になることは、自動車保険(任意保険)に加入していない方が多いということです。
 自動車の所有者すべてに加入が義務付けられている自賠責保険では、対物賠償(車の修理代等)は補償されませんし、対人賠償(治療費、休業損害、慰謝料等)には限度額があります(死亡による損害であれば3000万円、傷害による損害であれば120万円が限度額)。そのため、交通事故で加害者になってしまった場合、自動車保険(任意保険)に加入していなければ、対物賠償については全額自分で負担しなければなりませんし、対人賠償については自賠責保険の限度額を超えた部分を自分で負担しなければなりません。私の経験では、死亡による場合も傷害による場合も自賠責保険の限度額を超えることがほとんどですので、自動車保険(任意保険)に加入していなければ、数百万・数千万円を自分で負担することになりかねません。
 自動車を運転していれば、誰でも交通事故の加害者になってしまう可能性があります。その際に、莫大なお金を自分で支払うことにならないよう、自動車保険(任意保険)には必ず加入しましょう。また、交通事故の被害者になってしまった場合も、自動車保険(任意保険)に加入していれば自己の保険から補償を受けることができますので、この点からも自動車保険(任意保険)には必ず加入しましょう。

大沼 邦匡弁護士(倶知安ひまわり基金法律事務所)

日時: 2012年3月 1日 10時00分
 

お問い合わせ先

更新情報

ページの先頭へ