トップ > くらし > 生活 > 下水道の整備

下水道の整備

平成8年度から整備を進めている下水道は、平成13年度に一部供用開始しました。  それに伴い既設のトイレの水洗化などを個人で行う町民の方に対し、次のような支援を行い、事業の推進を図っております。

排水設備工事資金助成

町では、トイレの水洗化を促進するため、供用開始の日から3年以内に自己資金で水洗トイレに改造し排水設備等工事をした方に、資金助成制度を設けています。 一般世帯では、工事を行う年度により限度額(下表)を設けていますが、対象工事費の24%(千円未満切り捨て)の助成をします。排水設備工事のみの場合は、助成対象工事費の3分の1で限度額は7万円です。なお、高齢者世帯・母子世帯・身体の不自由な方のいる方世帯については、年収の制限がありますが、対象工事費の44%(千円未満切り捨て)の助成をし、限度額は26万円です。排水設備工事のみの場合は対象工事費の10分の4で限度額は8万4千円です。

    ※高齢者世帯とは、水洗化工事を実施するとき夫婦どちらかが満65歳以上の世帯。
    ※身体の不自由な方とは、身体障がい者手帳1級又は2級の保持者。
    ※年収の制限とは、前年度の総収入金額が200万円以下。だだし、独居世帯および母子世帯は前年度の総収入金額が150万円以下。

一般世帯における助成の限度額は次のような条件で異なります。

区   分 一般世帯
限度額
供用開始の日から1年以内に
水洗トイレと排水設備工事を完成したとき
140,000円
供用開始の日から2年以内に
水洗トイレと排水設備工事を完成したとき
130,000円
供用開始の日から3年以内に
水洗トイレと排水設備工事を完成したとき
120,000円

排水設備等工事資金利子助成

トイレの水洗式工事や排水設備を設置するための資金を、町の指定する金融機関から借り入れる場合に利子の一部を補給する制度です。町が利子分の1部(3%)を助成する制度です。供用開始後3年以内に工事をした方が対象で限度額は、1棟48万円です。また、利子助成期間は借入を受けた月の翌月から60ヶ月以内です。

受益者分担金制度

下水道の整備によって、処理区域の皆さんは、公共下水道のない地域に比べて、快適な生活できるようになります。下水道の建設費にかかる費用について、税金だけで賄うことは負担の公平という原則から考えても妥当ではありません。したがって受益者の皆さんに、この公共下水道による受益の範囲内で建設費の一部を負担していただこうというのが受益者分担金制度です。分担金は一度限り負担していただくものです。

受益者 ・下水道の排水処理区域内に存する土地の所有者
ただし、使用賃貸若しくは賃貸借による権利の目的となっている土地については、それぞれ使用借主又は賃借人
賦課対象とする
土地の範囲
専用住宅、供用住宅、共同住宅、寄宿舎、寮、専用店舗、医院、事務所等に供する土地
分担金 第一種 第二種
1棟当たりの基礎部面積が100平方メートル未満
50,000円
1棟当たりの基礎部面積が100平方メートル以上
70,000円
納入方法 1年目 20,000円(4期分割) 1年目 28,000円(4期分割)
2年目 20,000円(4期分割) 2年目 28,000円(4期分割)
3年目 10,000円(2期分割) 3年目 14,000円(2期分割)
なお、分担金は1年目の第1期に限って一括全納することができます。
その場合6%(50,000円の場合3,000円、70,000円の場合4,200円)の減免があります。

お問い合わせ先

喜茂別町役場建設課上下水道係
〒044-0292 北海道虻田郡喜茂別町字喜茂別123番地
TEL:0136-33-2211 FAX 0136-33-3577

更新情報

ページの先頭へ